ABOUT

アーティスト写真

NILO( exe.小泉ニロ)

2007年「Bossa@NILO」でメジャーデビュー。

関西を拠点に音楽活動をしながら、大阪、名古屋、札幌でラジオDJとしても活躍、音楽や自転車、トライアスロン、アウトドア誌などで執筆活動も行う。

2011年より拠点をドイツに移し、現在は両国を行き来して活動する。

ボサノバをルーツにもちつつ楽曲制作を行い、日本語、英語、ポルトガル語、ドイツ語で歌唱。

これまでに7枚のアルバムを制作。

ドイツでレコーディングを行った作品「再生」は、バイエルン州の放送局「BR」のラジオで特集され紹介される。

ドイツ在住のピアニスト、酒井雅子とのユニットかるいのりのいるかを結成。最新作「かるいのりのいるか」はミュンヘンの名門レーベルECMから世界デビューしたミュンヘン在住の若手ドラマー、福盛進也がプロデュース。

 

DE

Die japanische Sängerin NILO hat sich seit 2007 voll und ganz dem Bossa Nova gewidmet, ihr erstes Album “Bossa NILO” ist seit 2007 auf dem Markt, es folgten sieben weitere Alben. Zuletzt erschien das Album “kaRuinoLinoiRuka” im Februar 2020. Neben einigen Coversongs aus dem Bossa Nova und dem Jazz, zeichnet sich ihre Musik durch den Einfluss der japanischen Sprache und Ästhetik aus. Die Fusion von Japan und Brasilien gibt der Musik einen einzigartigen Charakter.